フィリピン留学何でも相談窓口

フィリピン留学・セブ留学、リアルな語学学校口コミ評判、卒業生の体験談、気になる留学費用、TOEIC IELTSテスト対策比較

人生が変わる。フィリピンで「旅行」×「英語留学」をお勧めしたいワケ。

 

こんにちは!フィルイングリッシュです♬

フィリピンで「英語が伸びる」ということは、もうみんな知っていますよね。なので今日は、英語以外のフィリピン留学の魅力に触れていこうかと思います😎

フィリピンで「旅行」×「英語留学」

夏休み、海外旅行を考えている大学生や社会人の方も多いと思います。ふだん日本では見ることが出来ない景色に出会ったり、日本では合えないような人と仲良くなったり。非日常を感じられる「旅行」が好きな人は多いはず。なので、私はいっそのこと、まとまった休みを「旅行」+「留学」に使っちゃえば?と思います。

f:id:phil-english01:20170422134533j:plain

フィリピン留学には「出会い」がある。

正直な話、フィリピン留学ほど留学先で出会った人間関係の密度が濃い留学はありません。それはなぜでしょうか。

f:id:phil-english01:20170421164128j:plain

まず、先生と留学生の関係が非常に濃いです。マンツーマン中心の授業編成となるので、一対一で向き合い、話し、1時間を過ごす。それが毎日続くわけですから、仲良くならないわけがありません。また、語学学校によっては入学時にバディーティーチャー(担任の先生)が留学生一人につき先生一人つき、留学中のお世話をしてくれます。授業や英語の伸び、生活、友人関係、時には恋の相談など、留学中の悩みを一番最初に聞いて手助けしてくれる人です。

f:id:phil-english01:20170421143723j:plain

次に留学生同士の関係。こっちも非常に濃いです。基本的に、フィリピン留学では留学生全員が同じ敷地内で生活を共にします。同じ寮で生活をしたり、同じクラスで授業を受けることはアメリカ・イギリス・カナダ、どこの国に行っても共通ですが、フィリピンでは丸一日同じスケジュールで動き、同じ生活範囲内で共同生活を送るのです。

f:id:phil-english01:20170421143041j:plain

友達になるだけではなく、「英語上達」という同じ目的を持った人と生活を共にすることで、お互い良い刺激を受けあいます。知らなかった国の人と深く関わり、新しい考え方や文化に出会うことが出来ます。

もちろん、良いことばかりではないです。違う国、違う環境で育ってきた赤の他人が集まり共同生活を始めるわけなので、時にはぶつかったり喧嘩したりすることもあります。問題を解決しようと、しっかりと自分の意見を伝えたり譲り合ったりする中で、人は成長し価値観や物事の視野も広がると私は考えます。これはどこの国に留学に行っても同じですが、生活範囲が同じなので余計に密度が濃いと感じますね。

f:id:phil-english01:20170421142835j:plain

フィリピン留学では「旅行」が出来る。

旅行はただの娯楽でもありますが、普段とは違う環境に身を置くことで、色々なことを考えたりボーとする時間がもてたり。良い刺激と気分転換が同時にできるので、精神衛生的にもとっても良いんです。しかもフィリピン国内での旅行は、めちゃくちゃ安い!日本の数分の一の価格で旅行できるんです。

フィリピンは7,000以上もの島からなる群島国家。日本で知名度が高いのは、直行便が飛んでいるセブ島ですが、それ以外にも美しい島がたくさんあるんです🌴

美しい島はフィリピン国内線に乗り換えが必要なところが多いので日本からはなかなか行けませんが、フィリピン留学中は週末や卒業後の時間を利用して気軽に遊びに行けます。留学中、時間とお金に少し余裕があるのであれば、旅行は絶対行っておいた方がいいです。

f:id:phil-english01:20170421143019j:plain

では、実際フィリピン国内ではどんな旅行先があるのかご紹介していきましょう。綺麗なビーチは数えきれないほどありますが、どの地域からも比較的便数が多く、有名な島を見ていきましょう!

ボラカイ島(Boracay)

f:id:phil-english01:20170421143617j:plain

「世界で最も美しいビーチの一つ」に選ばれたこともある、フィリピンの中でも代表的なボラカイ島。4万年かけて造られたという、全長4kmにも及ぶ真っ白な白砂のビーチが特徴的で、ハネムーン先としても有名です。

パラワン島

f:id:phil-english01:20170421143649p:plain

フィリピンでも5番目に大きな細長いパラワン島。アジアだけでなく、ヨーロッパ圏の人からも人気な「フィリピン最後の秘境」。手つかずの広大な自然や珍しい生き物がまだ残っている、大迫力の島です。綺麗なビーチリゾートというよりは、静かで、圧倒的な自然を感じたい方におすすめです。

cebunavi.hateblo.jp

③コロン島

「coron island」の画像検索結果

透き通った海がまだそのままの形で残っている小さな島、コロン島。戦争時の海の底に沈没した船が何隻かあり、ダイバーの間でもかなり有名なダイビング・スポットでもあります。セブ島ボラカイ島など、メジャーなところは飽きた!というフィリピン上級者にもおすすめ😏

 f:id:phil-english01:20170421143032j:plain
英語も伸ばせて、海外旅行もできて、一石二鳥のフィリピン留学。あなたも今夏、いかがですか? 

 

cebunavi.hateblo.jp

 

海外英語留学・フィリピン留学サポートなら学校事情に詳しいフィルイングリッシュにご相談下さい。