フィリピン留学何でも相談窓口

フィリピン留学・セブ留学、リアルな語学学校口コミ評判、卒業生の体験談、気になる留学費用、TOEIC IELTSテスト対策比較

バギオCNS2のスパルタ校としての雰囲気などをご紹介します!!

CNS2は少数定員のIELTS専門校として有名な学校で、IELTS 6.0以上の高得点取得を留学生が多く集まる英語スクールです。主に中級者~上級者が集まる傾向にありますが、初級者~中初級者の方も4割くらい学習しておりますのでご安心下さい。本校では勉強に集中できる環境や雰囲気をつくるため、スパルタ式を採用しており、基本的に平日の夜(月〜木)の外出は禁止です。

ただし、12:20〜13:30のランチタイム、18:20〜19:50のディナータイムには外出が許されているので、その時間に外に食べに出かけたり、スーパーに生活用品を買いに行く人もいます。 

また、平日授業の最終日にあるウィークリーテストの日(原則金曜日)の強制自習時間のあと(22:20〜)からはもう休日扱いなので、次の日の朝4時までにCNS2に帰れば、自由に外出することができます!

休日は、外出したら次の日の朝4時までに帰ることができれば大丈夫ですが、休日最終日の日曜日(祝日があれば月曜日)は、次の日の授業のために夜の9時までに帰ることがルールになっています!

このルールを破ると、10分につき100ペソの罰金が科されてしまいます。

本校はスパルタ式の学校の中でも最も外出時間が少なく、外泊も禁止されている最も厳しい学校です。

ですが、こうした規則のおかげで、CNS2内の勉強に向かえる雰囲気がつくられています。

また、どうしても外に出なくてはならない用事がある時はマネージャーに許可をもらえれば、外出することができますので、厳しさの中にもしっかりと理解を持った運営を心がけている学校です。

また併せて、EOP制度(学校内での英語以外の言語使用禁止制度)を設けており、 日本語に触れる時間をなくすためにはとってもいいルールです!そんなこと言っても、日本人は日本人どうしでかたまってしまうのでは?と疑う方もいらっしゃるかもしれませんが、実際には日本人同士でいる人などほとんどおらず、むしろ他国籍の人と一緒にいる人が多いのでとにかく英語を喋る機会が豊富です。

多国籍な留学生からなるCNS2では、韓国人や台湾人、中国人、日本人など、本当に国籍関係なく仲良くできる環境です。英語を通してたくさんの新しいことに触れることができるのは、留学をすることの大きなメリットですね^^

本当に英語を学びたい!IELTSで目標のスコアをゲットしなければならない!という意思がある方には、こちらの学校をお勧めさせて頂きます。興味のある方は是非フィルイングリッシュまでお問い合わせ下さいませ!!

f:id:phil-english01:20180521164413j:plain

f:id:phil-english01:20180521164512j:plain

海外英語留学・フィリピン留学サポートなら学校事情に詳しいフィルイングリッシュにご相談下さい。