フィリピン留学何でも相談窓口

フィリピン留学・セブ留学、リアルな語学学校口コミ評判、卒業生の体験談、気になる留学費用、TOEIC IELTSテスト対策比較

セブEV訪問記

 

 

皆さん、こんにちはPhillEnglish のシンディ―です2018年1月にセブの英語学校、EVに訪問し5日間滞在しました。今日はEVについて紹介させて頂きたいと思います。

 

EV学校の全体的な印象

1、新しいキャンパス、豪華で清潔で快適な学習、宿泊環境学校。こちらののキャンパスは2017年10月にオープンしています。学習エリア、寮エリア、レクリエーションエリアはすべてモダンでとても清潔で快適です。

 

2、豊富な経験、知識による学校運営

EVは2004年に設立され、現在まで14年間の歴史を持ち、講師育成と運営管理の両方の面で豊富な経験、知識があるので、学生は快適に留学生活を送る事が出来ます。

 

3、選択自由のスパルタとセミスパルタプログラム

厳格なスパルタプログラムと学生の自主性に任せたセミスパルタのカリキュラムのどちらかを選択。

 

 

f:id:phil-english01:20180118185402p:plain

f:id:phil-english01:20180118185444p:plain

 

 

コース設定

 

EVのカリキュラムは、スパルタとセミスパルタの2つに分かれています。二つのプログラムの違いはスパルタプログラムでは毎朝6時〜6時30分、夜、朝の単語テスト、夜8時からはまた別のテストがあり、月曜~木曜日に外出が許されていません。さらに強制自習が20;00~22:00にあります。セミスパルタプログラムにはこれらの規則はなく、月曜日から木曜日の夕方は外出可能です。

スパルタプログラムは勉強に集中したいが上手く自己管理が出来ない人には良いかもしれません。ある程度自由がある中で自分のペースで英語を上達させたい方はセミスパルタプログラムを選択すると良いでしょう。スパルタプログラム、スパルタプログラム二つとものオプションクラスの種類は豊富で、各プログラムで、一般的なESLの他にもESLの集中レッスンであるパワースピーキングコース、公式英語試験対策コース(IELTS、TOEFLTOEICコースがあります)が選択でき、他にも、ビジネス英語、親子留学コースもあります。

 

パワースピーキングコースは通常ESLコースと同じくスピーキングに焦点を当てたコースですが、このコースではディスカッション、スピーチなどのある程度の英語力が求められるプログラムが多くカリキュラムに組み込まれているため、まだえいごの基礎が出来ていない方が受講されると授業に付いていけず、ストレスを感じてしまう場合があるのでこちらのクラスはある程度英語の基礎がある方にお勧めです。

 

一方、EVのビジネス英語コースは、他の学校のビジネス英語コースと異なり、各生徒に必要なビジネスシーンに重点を置いて授業が進行されます。グループレッスンでは一般英語も学ぶ事が出来ます。こちらのコースはワーキングホリデイや、ちょっとした海外出張などで英語が必要な方用にコースが設計されています。外国企業でバリバリ働きたい人や、TOEICやIELTSなど公認試験スコア、資格が欲しい人には適していません。

 

親子留学カリキュラムでは、学校は親子留学を受け入れる数に制限を設けています。親子留学のグループの受け入れは15組となっております。2018年の冬と夏の親子留学はもう予約で埋まってしまっています。このように親子留学受入数に制限を設けている学校はevだけです。対象年齢は7歳から15歳までのお子様、保護者様にも英語の授業を受けて頂く必要があります。

 

教室

 

学校全体の設備はモダンで清潔でフィリピン語学学校の中ではトップクラスです。学習エリアには1対1の教室、小グループの教室、大グループの教室、自習室、およびオフィスがあります。教室は明るく広々としています。学校の全体的な学習の雰囲気は比較的真面目で、23:00になっても、まだ自習室に多くの学生がいます。

 

f:id:phil-english01:20180118185530p:plain

f:id:phil-english01:20180118185542p:plain

宿舎と食堂

学校の寮きれいでモダンなデザイン、男性寮23階、女性寮58階、寮4階(カップル、親子寮、少年少女寮)に分かれています 5階から8階までのエレベーターは、女専用で、男性は女子寮のエリアに入ることが禁じられています

 

14のシングルルーム、74のダブルルーム、36のトリプルルーム、6つの4人部屋があり、4人部屋はとても人気なので、4人部屋を利用したい場合は早めに予約する必要があります。 EVのドミトリーはホテルにも見劣りしないくらい綺麗で、グレーベースで統一された部屋、各部屋には他の学校では用意されていないヘアドライヤーが備え付けられています。 

 

f:id:phil-english01:20180118185739p:plain

f:id:phil-english01:20180118185727p:plain



また、各部屋にはワードローブ、エアコン、机、ナイトスタンド、金庫、トイレ、温水シャワーなどがあります。 複数人部屋にはトイレとバスルームが2つのあります。 各寮には天井に窓があり、カーテンは星型の空洞のデザインを使用し、非常に明るく暖かい雰囲気です。

 

 

f:id:phil-english01:20180118185650p:plain

f:id:phil-english01:20180118185658p:plain

食堂は1階にありますが、ほとんどのフィリピンの学校と同様に、EVの食事は主に韓国料理をベースにしていますが、食堂のスタッフはご飯を小皿に分けて提供しているので食べやすいです。 写真はフルーツとスープ、お肉と野菜。

f:id:phil-english01:20180118185805p:plainf:id:phil-english01:20180118185757p:plain

日常管理

EVは14年の歴史を持ち、豊富な経験による細かく組織化された管理が行われています。 学校の1階にあるオフィスには9のセクションがあり、それぞれの受付に用途を示すボードがあります(下図参照)。何処のセクション行けば良いのか分かり易くなっています。携帯電話の購入、 プリペイドカード、ビザ延長、寮施設のメンテナンス、申請の変更など。

 

新入生は入学初日に入学試験を受け、試験結果に基づいてクラス分けされ、その後、学校生活、諸情報についてのオリエンテーションを行います。 授業に満足していない場合は、クラス変更を申請することもでき、毎週火曜日と金曜日にクラス変更を申請することがです。

 

f:id:phil-english01:20180118185820p:plainf:id:phil-english01:20180118185829p:plain

いくつかの学生も質問があります

:スパルタプログラムとセミスパルタ間でのコース変更は入学後に可能ですか?

 寮のリソースを使用するのは大丈夫ですが、100ドルの追加料金を払う必要があります。コース間に違いがある場合は、高価な部分は払い戻されますが、安い部分は払い戻されません。 そのような規定の目的は、学生の選択肢によって簡単に経営モデルを変えない為です。 スパルタンとセミスパルタン間のコース変更は、学生カード、講師、多くの事を変更することを意味します。入学前にしっかり自分に合ったプランを選択するのが賢明ですね。

EVの学生生活は、学校でのアルコール禁止、居眠りの禁止、週末、旅行などに行く場合は申請書の提出、門限など、厳しい学校規則の厳しい管理のもとで行われます。 学校の規則に違反して、学校から強制退学になる事があります。 規則に縛られるのが苦手な方には向いていません。

共有施設

 

 

f:id:phil-english01:20180118185841p:plainf:id:phil-english01:20180118185851p:plain

ヨガ教室、毎週水曜日の夜6:00~7:00ヨガ教室、プロのヨガインストラクターが指導してくれます。

 

体育館、ビリヤード場、卓球場は午前6時から午前8時、午後17時から午後23時はご利用出来ません。

 

f:id:phil-english01:20180118185903p:plainf:id:phil-english01:20180118185913p:plain

セブEVは最近相談する学校の中で最も評価が高い学校です。数年間の教師の操作で好評を受けてきたし、今回の新築キャンパス前にいくつかの部分では、顧客の期待感が高まりました。特に女性の方に人気がありますね。4人部屋は、4ヶ月前、1〜3人部屋は2〜3ヶ月前に締め切りとなっています。(2018年1月時点)

以上フィルイングリッシュシンセでした。

海外英語留学・フィリピン留学サポートなら学校事情に詳しいフィルイングリッシュにご相談下さい。