フィリピン留学何でも相談窓口

フィリピン留学・セブ留学、リアルな語学学校口コミ評判、卒業生の体験談、気になる留学費用、TOEIC IELTSテスト対策比較

〈セブ編〉空港お出迎え(ピックアップ)と帰国について

今回はセブへご留学される皆様へ、ピックアップの流れをご紹介したいと思います!

 

まず、セブ地域の学校に行くにはマニラ(Manila)を経由してセブ(Cebu)へ入る方法の他、セブへの直行便にて直接入国することが可能です。

空港はセブマクタン国際空港(Cebu-Mactan International Airport)となり、オンライン登録申請後に航空券情報(フライトスケジュール)を担当者にご連絡して頂ければ。弊社にて学校側と連絡を取り合い、お客様のフライトスケジュールに基づいて空港へお出迎えできるよう手配させて頂きます。

ほとんどの学校は同様の流れで空港へお出迎えすることとなります。

 

それでは、今日はセブ地域にあるCPI語学学校の空港送迎を例に挙げてご案内いたします。

 

[セブ空港ピックアップ]

  • 出国3~5日程度前になりましたら、担当者から空港ピックアップに関する最終スケジュールの確認をさせて頂きます。
  • 留学に必要な持ち物を最終確認します。特に往復航空券とパスポートは絶対に無くすことのないよう別の場所で大切に保管してください。
  • セブ空港に到着した後、入国審査を終えたらすぐに荷物(baggage)を探します。
  • 下の写真は空港内で荷物を探している様子です。自分が利用した飛行機の便名が提示されているところで待っていればその内見つけられます。

 f:id:phil-english01:20180605163730p:plain

  • 最近では、同じブランドのバッグを自分の物と勘違いして学校に持ってきてしまう方もいます。(笑)荷物を見つけたらまずは自分のバッグに付けられたタグシールのシリアル番号と航空券の裏面にある番号が同じであるかを確認することが重要です。

 

f:id:phil-english01:20180605163750p:plain

  • 荷物を見つけて空港から出ると、様々な学校の関係者が出迎えている様子を見ることができます。それぞれが学校のバナーを持っており、従業員であることを確認することができる制服やIDを着用しています。

 f:id:phil-english01:20180605164430p:plain

  • CPIマネージャーの様子。日本の新入生であれば日本の担当者、中国/台湾の新入生であれば、台湾の担当者がお出迎え致します。

 f:id:phil-english01:20180605165910j:plain

  • 新入生ピックアップの様子。

 f:id:phil-english01:20180605165411p:plain

  • 車でCPIに移動します。学校の用意する車両の大きさは何人の生徒が当日ピックアップを利用するかによって変わります。入学する新入生が多い場合には、下の写真のように大きなバスで来ることもあります。

 f:id:phil-english01:20180605165753j:plain

 移動中の車内では簡単な日程の案内を行います。学校到着後の部屋の割り当てや食事、オリエンテーション、レベルテスト等に関すものとなっています。また、学校までは通常約40〜50分程度かかります。

 

f:id:phil-english01:20180605165826j:plain

[帰国/センディングサービス]

  • 原則として退寮は土曜日の昼食の後で、午後1時までです。もちろん航空スケジュールに基づいて前倒しで学校を出ることも可能です。
  • 学校では帰国時のフライトスケジュールに合わせて、セブ空港まで無料で車を出してくれます。
海外英語留学・フィリピン留学サポートなら学校事情に詳しいフィルイングリッシュにご相談下さい。