フィリピン留学何でも相談窓口

フィリピン留学・セブ留学、リアルな語学学校口コミ評判、卒業生の体験談、気になる留学費用、TOEIC IELTSテスト対策比較

バギオでTOEIC公式試験

バギオでTOEICを受ける方、必見!

TALK ENEに留学されていたAMYさんのレポートをご紹介します!

 バギオで行われたTOEIC公式試験に挑戦してきました!

f:id:phil-english01:20170812111146j:plain

会場はシティからやや外れた、PINESクイサン語学学校で行われました。

2017年1月14日、今年初めてのTOEIC公式試験が行われ、私も含み約20名ほどの参加者でした。

今年からフィリピンも日本や韓国のように、試験内容が新公式に変更との噂があり、事前の知らせが無いまま、受験する形になりました・・・・
 
が、結果は・・・・

 

旧式でした∼。まあ今年始めそうそうに新公式の準備をするのも大変でしょうしね・・・。(現在は新公式です。2017/08)
いつ新公式に切り替わるかは相変わらず分かりませんが、TALKアカデミーではいつも新公式で模擬を受けていたので、少し拍子抜けしてしまいました。
逆にとても複雑な気分での受験となり、プレッシャーと高得点への変な期待が入り交じり、「集中しろ~!」「落ち着け~」と自分の頭が交互にプレッシャーをかけてきて、リスニングの試験中は頭が真っ白で数問聞き逃しのミスをしてしまいました・・・。
今ではとても悔やまれます・・・。

 

さて、試験について一通りの手順をご案内します

 

TOEIC試験の手続き
フィリピンでは毎月TOEICの公式が受験できます。
TALKの日本人マネージャーへ相談と共に、1~2週間前までに学校の事務所へ2,200ペソを支払います。
学校側が基本的には全て申し込みをしてくれますので、特に手続きに関してはすることがありませんでした。

 

TALK側が、料金の割引をしてくれることがありますので、必ず確認してみて下さい。
少しでも料金が浮いた方がお得ですし、その浮いたお金でもう一度受けられますしね!

TOEIC試験の手続き会場名:クイサンホテル
TOEIC試験の手続き 住所:Naguilian cor. Asin Rd., Baguio City

 

当日の持ち物
ID(パスポート)、お財布、以上。
持ち物はパスポート交通費だけで大丈夫です。
鉛筆や時計を気にされる方が多かったですが、試験会場に鉛筆は2本個々の机に用意されていますし、時計は2つ試験会場の壁にかかっています。
試験会場はCooyeesan Hotel Plaza(クイサンホテルプラザ)内にある2階の会場で行われました。
他にも会場がありますが、私の受験した会場はこじんまりとしており、時計もえんぴつもリスニングの音声も何も問題なく良好でした。

 

試験の大まかな流れ
開始の30分前に必ず会場へ行きましょう!

 

でも、別に試験の始まるギリギリまで会場へは入らなくても大丈夫です。
エントリーは、パスポートを持って会場の扉の前にいる受付の方に自分の名前を伝え、署名するだけです。
まずエントリーを終わらせて、会場のそばにあるソファに腰掛けて試験開始まで最後のチェックとして問題集に目を通して待ちましょう∼。

荷物は会場の外にある細長いテーブルの上に置いてください。
持ち物は極力貴重品は持っていかない方が無難かもしれません。
会場に入ったあと、試験管が会場の前に設置されたスクリーンでエントリーシートの案内をしてくれます。だいたい30分ほど。わからないことがあれば、すぐに試験管に手を上げて相談してください。親切に教えてくれます。
そのあとに、一度だけテストでリスニングの音声が数秒流れ、そのあと、いよいよ試験が開始となります。
試験中のマナーについて少し注意点
◎絶対に試験の問題用紙には何も記入しないこと。
◎回答用紙には書き込みできるので、自分が後で見直したいな、と思ったところは、
問題のナンバーに◯を囲んでまた戻りましょう。
というのも、フィリピンの試験官の方は2時間の内4、5回は目の前を通ります。
そして問題用紙の書き込みをもし見つけた場合は、リスニング中であってもその場で声を出して注意をします。
当然の事といえばそうなのですが、周りへの配慮も考えて、100パーセント書き込みはしない方が良いです

以上です。帰りのタクシーですが、少し待ちます。
他の受験者さんとの兼ね合いもありますので、気長に待ってもらう事になります。
徒歩で帰るにも少し時間がかかるかと思いますので、その後の予定は余裕を持って計画しておきましょう。

 

結果は1~2週間でわかり、アカデミーに送られてきます。

 

ところで、話は少し逸れますが、試験の内容はTOEIC公式「ETS」から出題されます。
TALKアカデミーでは、このETSも毎日の模擬で順番が回ってきて事前に受け、先生と一緒に見直しをする機会がありますので、試験前になったら先生にお願いして授業内容を「ETS」のカリキュラムで勉強することが可能です。

 

反復して本番に同じ系統の問題が解けるようにしておくと良いと思います。
リスニングは特に、試験の声に慣れるためにも「ETS」で慣らしておけば、自分の耳に入って来やすいと思います。

 

私がフィルイングリッシュさんの紹介でTALKにお世話になって、1ヶ月が経ちました。
最初の1~2週間は結構体力が心配でしたが、今ではすっかり慣れ、勉強へのポテンシャルも持続できていると自分では思っています。

 

TALKの先生方は本当にフレンドリーで、試験に対していろんな戦略を教えてくれますので、時間の使い方もうまくなると思いました。

 

TALK ENEはこちら

phil-english.com

 

TALK学生レポーターAMYさんの記事はこちら

http://phil-english.com/reports/talkene-toeic/

 

 

cebunavi.hateblo.jp

 

cebunavi.hateblo.jp

 

 

海外英語留学・フィリピン留学サポートなら学校事情に詳しいフィルイングリッシュにご相談下さい。