フィリピン留学何でも相談窓口

フィリピン留学・セブ留学、リアルな語学学校口コミ評判、卒業生の体験談、気になる留学費用、TOEIC IELTSテスト対策比較

フィリピンで学生マネージャーにチャレンジしたい!

フィリピン語学学校でインターンをしてみたい方、多いのではないでしょうか?そこで今回は、フィリピン語学学校の学生マネージャーについてお伝えします!

 

f:id:phil-english01:20170922180142j:plain

▲日本人学生マネージャー

 

学生マネージャーの募集と斡旋について

Q:フィリピン留学後、フィリピンでの学生マネージャーにチャレンジしたいのですが、募集している学校を紹介してもらうことは可能でしょうか?

A:はい。可能です。フィリピンの語学学校はコンスタントに学生マネージャー(インターン)を募集しています。一般的にインターンはエージェントを介して通知されますが、急遽人手不足による募集がかかる場合も多いです。比較的長期留学の方でしたら、募集状況に応じて留学修了となる8週間~4週間くらい前までにはインターン採用の合否結果が通知されます(要履歴書提出)。フィルイングリッシュはフィリピン全土の英語学校を取り扱っているので、学校の最新事情を頻繁にチェックして密接な連携を取り合っています。留学中に学生マネージャーに興味がありましたら、弊社、もしくは各エージェントへ一度お問合せください。

 

 学生マネージャーの仕事内容

Q:学生マネージャーはどのような仕事をしますか?

A:フィリピン語学学校の学生マネージャーが行う業務は日本人生徒のお世話をする事です。空港までお出迎え、授業の事、生活の事で相談に乗ったり、身の回りのお世話をします。それ以外では、日本人マーケットの学校広報を担当し、ホームページの改訂、学校ブログの更新、日本からのメールでの問い合わせに対応をしたりします。

 

f:id:phil-english01:20170926185509j:plain

 ▲マニラ国際空港で新入生のピックアップをするMONOL校のマネージャーたち

 

学生マネージャーの待遇

Q:学生マネージャーの待遇はどのようなものですか?

A:学生マネージャーは、語学学校に滞在中は、一日3~4時間のマンツーマンレッスンを無料で受けられます。お部屋と食事も無料で提供されます。給料は基本でませんが、優秀な方は途中から学校から支給される事も多いです。お部屋は一人部屋をあてられることもありますが、他国のマネージャーと相部屋というケースもよくあります。

※待遇は各学校によって異なります。

 

f:id:phil-english01:20170926190318j:plain

▲セブCPILS校の2人部屋(マネージャーも一般学生の寮を住まいとして使います)

 

滞在中の支出

Q:滞在中に使うお金はどれくらい?

 A:お小遣いの他にフィリピンでは滞在30日毎にビザ更新が必要となりますが、その費用を学生マネージャーに負担させるケースがほとんどです。更新毎に7,000円程かかります。約半年で、20,170ペソ(44,905円ぐらい)が必要なビザ代のお金です。

これ以外ではフィリピン滞在9週目から取得義務が発生する、ACR-Iカード(外国人登録証明書)の発行費用もかかります。1年滞在可能で1回7,000円程かかります。こちらも含め、負担してくれる語学学校もありますが、全体的には少ないです。採用者が優秀で学校のスムーズな運営に貢献していると判断された場合は学校側が途中から負担してくれるケースもあります。

 

学生マネージャーの応募資格

Q:学生マネージャーになるための応募資格はありますか?

A:特にございません。ただ、日常会話はできるほうが印象はいいです。お世話するのは日本人学生になりますが、マネージメントや講師、スタッフとのコミュニケーションが出来なければ業務に支障をきたす場合があります。それとフィリピン留学経験者であれば学校運営事情をよく把握しているので歓迎されます。学生マネージャーの年齢は20歳~35歳くらいまでが好まれます。未成年者は応募不可です。

 

 

cebunavi.hateblo.jp

cebunavi.hateblo.jp

 

f:id:phil-english01:20171013122305p:plain

 

海外英語留学・フィリピン留学サポートなら学校事情に詳しいフィルイングリッシュにご相談下さい。