フィリピン留学何でも相談窓口

フィリピン留学・セブ留学、リアルな語学学校口コミ評判、卒業生の体験談、気になる留学費用、TOEIC IELTSテスト対策比較

語学学校訪問記: HELP CLARK

語学学校訪問記: HELP CLARK

フィリピンの老舗語学学校HELPはフィリピンで最高品質の授業を提供しています。最初にHELPクラーク校に来て、私は、施設、学習、学生サポートの質に非常に驚きました。学習環境、講師の質や管理チーム等すべてがとてもプロフェッショナルです。

 

位置:

HELPクラーク校はクラークの中心部に位置しています。マニラ空港から車で約3時間、クラーク空港から約10分かかります。

学校への道は木々で溢れ、空気も綺麗で、非常に平和で快適な雰囲気です。ここは経済特区であり空港の近くという事もあり、この地域の安全は厳密にチェックされ、絶対的な安全を保障しています。

f:id:phil-english01:20180212184417p:plain

設備:

HELPクラーク校は大規模な学校で、260名まで収容可能です。オフィスエリア、教室、寮、食堂、コーヒーショップは、一つの大規模な建物内に入っているので学生は時間を節約することができ、雨が降っても心配する必要はありません。

入り口ふきんには大きなキャンパスがあり、道に沿って緑の庭園があり、沢山の木が緑の空間を作ります。この庭園には屋外の「Kubo」があります。これらの「Kubo」クラスは約4〜5人の学生を収容することができます。授業終了後、ここに集まって英語を練習することができます。


HELP クラークのキャンパス

f:id:phil-english01:20180212184456p:plain

*クラスルーム:

教室とオフィスは1階にあります。2階は寮と医療室です。 3階は寮のエリアです。現在、HELPクラーク校には80つの教室があります。そのうちに「man to man(マンツーマン)」用の70つの教室があります。また、最大4人グループのための小規模な6つの教室、6~8人グループのための大規模な4つの教室があります。クラスルームはかなり広くて、モダンな雰囲気です。授業時間は一コマ50分です。さらに、コースによって自習プログラムもあります。学校は午後6時以降、学生は外出することができます。門限は午後8時(平日)12時(週末)です。門限を破った場合は、週末は外出できません。

 

*食堂とコーヒーショップ:

オフィスとクラスルームの隣に食堂があります。HELPクラークお特徴は優れた教育プログラムだけでなく、広々とした食堂、美しい食事もHELPクラークの特徴です。食事メニューは、学生の国籍比率によって異なります。現在は韓国人学生の割合が高く、ほとんどの食べ物は韓国料理です。また、食堂にもテレビが設置されているため、学生は昼休み中にテレビ干渉をすることができます。休憩中に コーヒーショップでコーヒーを飲みながらリラックスする事も出来ます。コーヒーショップの食べ物の種類も豊富です。

f:id:phil-english01:20180212184529p:plain

食堂は広くて、清潔で、食べ物が豊富です。

*寮について:

寮は2階と3階にあります。現在、HELPクラーク校には合計82の寮室があります。部屋のタイプは2人部屋から6人部屋があり、4人部屋と6人部屋はお手頃な価格となっています。各学生は、ベッド、ワードローブ、スタディテーブル、テーブルランプが装備されています。

廊下にはセキュリティを確保するための24時間監視カメラが装備されています。学生マネージャーは「ほとんどの学生は鍵をかけないで外出していますが今まで、学校で盗難が起きた事はありません。」と言ったのを聞いて非常に驚きました。これは学校のコミットメントであり、教育の質だけでなく学生に安全を保障しています。これは、HELPクラーク校が貫き通しているポリシーの1つです。

1週間に3回、スタッフが部屋を清掃します。2階と3階の定期清掃スケジュールは、偶数日と奇数日に分けられます。各フロアには自由に使える大きな冷蔵庫と飲料水ヒーターが装備されています。

f:id:phil-english01:20180212184604p:plain

寮の4人部屋

コース:

HELPクラーク校のESL, Pre-IELTS/TOEIC コースはビジネス英語コース初級・中級レベルの方ためのコースです。

ESL は 「 English second Language」の略語です。これは、高い適用性を持っている 英語のコミュニケーションプログラムで、IELTS、TOEIC、ビジネス英語などの高度なコース用のプラットフォームを作成します。このコースは、Super ESL, Super Speaking ESL、ネイティブの3つのモジュールに分かれています。 各コースは(1:1)時間数が異なります。 特別ネイティブコースでは、 ネイティブ講師1人が参加します。

Pre-IELTSとPre-TOEICは、ESLとIELTS / TOEICを組み合わせたコースです。IELTS / TOEICコースに入学する前、学生はこのコースに4〜8週間参加します。このコースは、IELTS / TOEICコースに入学する前に基礎知識と高度な知識を準備するために非常に重要なステップです。このコースを修了すると、学生はMartinキャンパス(HELPアカデミーのIELTSトレーニングキャンパス)に進学できます。

ビジネス英語コースは、レベル1からレベル9までの学生のレベルに合わせて各コースが設計されています。これは一般的なビジネス英語コースであり、込み入った内容までは触れません。コースは、オフィスコミュニケーションとプレゼンテーションスキルの訓練をします。授業で学生グループは職場環境における実際の状況をシミュレートします。したがって、学習者は、実際に起こりうるビジネスシーンに慣れていく事が出来ます。

講師

Mr.Jonathanというアメリカ出身の ネイティブ講師がいます。彼はグループで "発音"クラスを教えています。残りのフィリピンの講師は、厳格な選考プロセスを通過し、トレーニングを受けなければなりません。HELP クラーク は初級・中級レベルの学生向けのトレーニングキャンパスです。しかし、ESLプログラムに加えて、HELPの講師の60%以上がIELTSプログラムを教えるために訓練されています。

f:id:phil-english01:20180212184632p:plain

Mr.Jonathanは「発音」クラスの準備をしています。

サービスと施設:

学校にはスポーツ施設があります。建物の正面にはバスケットボールコートがあります。ゴルフ、プール、ミニサッカー、卓球コートもあります。授業後に学生はこれらの施設を利用することが出来ます。また、学生は自転車を借り、差㎜ポする事も出来ます。毎週土曜日、ビジネスセンターへの学校シャトルバスがあります。また、週末には、登山、Subic海水浴などの 「ツアー」が開催されます。キャンパスの周りに週末に多くの遊園地があります:公園クルークランド、ウォーターパーク、ミュージアムクラーク、4D映画館、...


学生インタビュー : Nguyen Tien Dat BEE

5ヶ月間滞在中のNguyen Tien Dat(BEE)さんにインタービューをさせて頂きました。

 

f:id:phil-english01:20180212184721p:plain

Nguyen Tien Dat男学生- BEE ()


PE: こんにちは!フィル・イングリッシュ(Phil English)です!今日は私たちの為にお時間を作って頂きありがとうございます。自己紹介してください!

 

BEE : こんにちは! Nguyen Tien Datと申します。イングリッシュネームはBEEです。私はHELP Clarkで12ヶ月のコースに登録しました。今では5ヶ月が過ぎましたTOEICを勉強していますが、485点アップしました。 (笑)


PE: HELP クラーク留学先んだ理由はなんでしょうか

 

BEE:私はHELPがフィリピンで非常に人気のある英語学校であることを知っていました。学校は3つのキャンパスがあり、バギオにはHELP Martin校(HELPマーティンス)とHELP Longlong校(HELPロンロン) という2つのキャンパスがあります。クラークにはHELPクラーク校という1つのキャンパスがあります。バギオにある2つのキャンプは厳密なスパルタモデルですが、私はリラックスした雰囲気で留学したかったので、クラークを選択しました。フィリピンで英語を勉強したのは今回が2回目で、多くの情報を集めました。HELP クラークを選択した事に満足しています。

学校はセミスパルタですが、私外いったセブの最初の学校と比べると、厳しいルールが少しあるような気がします(笑)。快適ながら厳しい環境で勉強することは私の英語レベルを上げてくれました。


PE: 「快適ながら厳しい環境」についてもっと教えていただけますか?

 

BEE : セミスパルタ( Semi Sparta)モデルは、授業後、門限までの時間に学生は外出することが出来ます。多くの学校の門限は21hまたは22h、23 h、週末が午前1時までです。しかし、HELPクラーク校では違います。 私は18時間から出て、20時前に学校に戻らなければなりません。それから、自習や休息をし、23時には完全に寮の部屋にいなければなりません。週末でも同じです。友人と自由に外出できる時間が少なすぎるので多少不満があります。

また、EOPの方針を全学生に適用しています。学生は英語を24時間を使用する必要があります。違反した場合は処罰されます。罰を受けた生徒が多すぎて数えられません(笑)


PE: 現在コースはTOEICですね。 コースについて少しお伝えできますか?

BEE: 私は現在TOEICコースに参加しています。私たちのクラスには、グループスタディ1時間、4時間の 「man to man(マンツーマン)」、1時間の特別学習が含まれます。また、朝7時にはListeningクラスに参加しています。 毎週日曜日にTOEIC模擬テストが行われます。私たちのスケジュールはとても簡単です。教室で学ぶだけでなく、自分で勉強しなければなりません。私は授業の数は妥当だと思います。授業が多すぎると見直す十分な時間が持てません。


PE: 講師の皆さんはどうですか?

 

BEE: ここの先生達は本当に熱心です。講師歴7〜9年間のベテランが多く、他の先生達も3年以上の経験があります。HELPクラーク校では月に一回講師の変更が可能です。成績が良い場合は、講師を選ぶことができます。でも、私に言わせれば、すべての講師の質が高いです(笑)。私は5ヶ月間ここにいますが、先生に一度も不満を持った事はありません。私は本当に彼らの授業とプロフェッショナリズムに満足しています。毎月講師を変更することで、私は多くの講師と交流することができます。

 

PE: フィリピンで2回目の留学との事ですが、最初にフィリピンに来た時に驚いたことはありますか?


BEE:
 特にないですが、 私は自分の目標を明確にし、その目標をに向かってベストを尽くしています。新しい環境に入れば誰でも驚くことはありますが、幸いにも私はすぐに適応しました。たくさんの学生はフィリピンの食事について不満を言っていますが、これは各自で克服できる小さな問題だと思います。環境に慣れる事これは留学生活を送る上で最も重要な事だと思います。

 

Phil Englishの為にお時間ありがとうございました。 残りの期間も頑張ってください。

 

-Mon-

海外英語留学・フィリピン留学サポートなら学校事情に詳しいフィルイングリッシュにご相談下さい。