フィリピン留学何でも相談窓口

フィリピン留学・セブ留学、リアルな語学学校口コミ評判、卒業生の体験談、気になる留学費用、TOEIC IELTSテスト対策比較

QQ Englishの Callan Method

QQ English Callan Method

 

QQ Englishは、Callan Methodを導入している英語校の1つです。Callan Method を用いて英語学習に取り組めば通常の4倍の速さで英語が上達するという研究結果が出ています。多くの方から、カランメソッドとはどういう学習方法なのか?なぜQQはどのコースにも少なくとも一時間のCallan Method の授業が組み込まれているのか?というしつもんを頂きます。皆さんからの質問にお答えするためにフィルイングリシュは実際にこの授業を体験してきました。今日私に教えてくれた先生は、QQで3年以上Callanを教えているBalsyです。私はCallanメソッドの授業を経験したことが無かったので、基礎から教えていただ来ました。

                               f:id:phil-english01:20171226160918p:plain

                                 QQ ITクのCallan師:Ms.Balsy

カランの概要

まずカランメソッドについて説明します.

先生達は繰り返し質問します。

文法、表現を練習する目的で先生が提示するそれぞれの質問...先生は繰り替えし質問し、生徒は答えたらすぐに別の質問が出されます。

*先生は非常に速く話

このメソッドはネイティブスピーカーの自然な速度をシミュレートするため、先生はCallanメソッドを 非常に早く読みます。したがって、この方法で学習するとき、生徒は文法について心配する必要はありませんが、通常のコミュニケーションのスピード、本能的な会話のスピードに応じて速やかに対応する必要があります...生徒は文法について心配する必要はありません。生徒が文法的に間違って話している場合、先生は修正してくれます。

先生は同じ質問を二回し、答えを教えます。

レッスンでは、先生が質問を2回、最初は通常のスピードで、2回目は早いスピードで質問をします。

例 先生:Are there two chairs in this room? Are there two chairs in this room? No, there aren’t ...”

生徒:No, there aren’t two chairs in this room; there are twelve chairs in this room.”

先生がこのように考える暇がないくらい連続で質問しなかったら、学生は通常、答えを考えて母国語に翻訳し、答えを探してから英語の翻訳を逆にしてしまいます。

生徒が答えたら、先生があなたに同行します。生徒が答えを忘れたり、答えが不明確な場合は、先生から1つまたは2つのヒントが教えられます。生徒はの提案を繰り返しますが、すぐに自分の言葉で答えを続けます。

*質問に答え、文法的な構造は先生の質問と同じで

生徒は同様の文法構造で質問に答える必要があるため、質問構造を正しく認識する必要があります。

例1:問題は次のようになります。

Can you speak English? Can you speak English?

答えは次のようになります。

Yes, I can speak English

あなたは完全に質問に答える必要があり、文法的構造は質問に寄せなければなりません。

例2:

Is the table black? Is the table black?

答えは次のようになります。

 No, the table isn't black; it's white

*模倣による誤りの訂

Callanの方法では、生徒が間違えた時に、先生は間違いを訂正します。先生はあなたのミスを模倣し、あなたの間違いを繰り返し、正しい表現であなたのミスを訂正します。

 たとえば、教師が次のように質問すると、

Does he come from Vietnam? Does he come from Vietnam?

答えは次のようになります。

No, he doesn’t. He comes from China

生徒は間違ってこう答えるかもしれません:No, he doesn’t. He come from China

上記の文章では、生徒はいくつかの単語を誤って発音させたり、動詞を分割したりすることができます。先生はすぐに修正できます

レッスンでは、先生は短縮形を使用します(たとえば、先生はI do notの代わりに“I don’tと言う)。 口語で短縮形を使用するのは当然であるからです。また、話すときに自然に聞こえるようにするには、短縮形を学ぶ必要があります。Not come, comes

*授業内容

Callanの講義はすべて、講義35分、読解10分、聞き取りと読書5分を含む50分の講義でした。

*フリートーキング無し

Callanの方法は、話す練習の重要性を強調していますが、自由に話すことを意味するものではありません。生徒は、レッスンがシンプルで効果的に編成され、常にフレームワーク内のサンプル・センテンスで繰り返し発言するため、この方法でのスピーキング上達は早いです。

繰り返し、繰り返し、繰り返

母国語では、実際に知らない単語でも読めたり書けたりできます。単語を覚えて使用するには、通常少なくとも1〜2回聞く事が必要です。しかし、外国語に関しては、物事はかなり異なってきます。それを習得するために、何度もその言葉を聞き、文法の構造を認識し、見て、使用する必要があります。それ故、素早く反応するためには、まずテンプレートを学び、それを何度も繰り返し定着させることが必要です。カランのレッスンでは、新しい取り組みと反復練習を行い、常に前のレッスンのレビューをします。

 

カランクラスに加する

Callanの概要を掴んだ後、実際にCallan授業をしてもらいました

Callan Method1つのセッションで4つのステップがあります

ステップ1はリビジョ

ステップ2はニューワー

ステップ3ディング

ステップ4はディクテション

各ステップの詳

ステップ1:リビジョ

生徒と先生は、前のレッスンの7ジ(レッスン時間が25分の場合)14ジ(レッスン時間が50分の場合)を見直します。レッスンでは、生徒が文法やキドをいてえておく必要があるため、レビュは最も重要なステップです。これは私の最初のセッションなので、レビュはありません。

ステップ2:ニューワー

新しい仕事:ステップ2で何が起きるのは、先生が答えと一2回質問をするということです

生徒は自分が言うことを正確に繰り返す。先生は新しい文章、文法上のポイント、新しい文章構造をそれらの文章を繰り返す仕組みでえます。

*先生は、現在進行形のセンテンスで確認を始める

Speak

I am speaking, you are speaking, he is speaking, she is speaking, it is speaking, we are speaking, you are speaking, they are speaking.

生徒が繰り返した後、生徒は文の構造を記憶し、先生はトピックの文法構造の簡明を始めた:

現在進行形を用いて私たちがしている事を説明していきます。

例:I am opening the book

先生は引きき質問しました。what I am I doing? What I am doing? I am closing the book

生徒は先生の言うとおりに答えを繰り返します:I am closing the book

先生はもっと多くの例を使って、生徒は繰り返しています)

*師は現在進行形の否定文を話し始めます。

次に、生徒先生に繰り返します:

I am speaking, you are not speaking, he is not speaking, she is not speaking, it is not speaking, we are not speaking, you are not speaking, they are not speaking

先生は、否定文法のトピックを簡明します。

You are not standing on the table, I am not writing

*同様の方法で、疑問形で先生は生徒に質問します。

生徒はまた、先生が言ったことを繰り返す:

Are you speaking Vietnamese? Are you speaking Vietnamese? No I am not, I am speaking English

に、先生は現在進行形の否定形、なども同じ方法でレッスンを行います。要するに、NEW WORKという言葉が示すように、ステップ2先生生徒が何をしなければならないかというと、新しい語を習し、詰ることなく流暢に話せるようになるまで新しい語と文章構造を繰り返して新しい文法用語をぶことです。

       

                 f:id:phil-english01:20171226161051p:plain

                                    レベル3科書の像イラスト

 

上の像では、先生は新しく文法をabove, belowで、一年の月の名前です 新しい語彙と文法はすべて、慣れ親しんだ習者に繰り返しえられます

 

ステップ3ディング

生徒と先生は一節をみ、先生は先みし、生徒は先生むことを正確に繰り返し先生は生徒の音ミスを修正します。

例、what difference between the present continuous and the present simple is that we use the present continuous for an action we are doing now whereas we use the present simple for an action we do in generally.....ニューワークセクションと同に、先生は各センテンスを読み、2つの文法の違いを明し、その後生徒は繰り返し、より多くの例を取得します。

例:The negative of he speaks is he does not speak....

Does he write in German? Does he write in German, No he doesn’t write in German. He writes in English.

習者:He write=>先生は直ちに音を修正する:not he write, he writes

 

ステップ4:ディクテション:Listening and Writing

ステップ4では、生徒は先生が読んだ内容を正確に書きとる必要があります。先生がみます:

You aren’t Mrs.Brown semi colon you’re Mr.Green  full stop I’m Mrs.Brown full stop spell Six comma seven comma eight comma nine comma ten full stop”...

これは生徒が書き留めなければならない文章です

You aren’t Mrs.Brown; you’re Mr.Green. I’m Mrs.Brown. Sixs, seven, eight, nine, ten...     

                     f:id:phil-english01:20171226161223p:plain

           使われているパラグラフの一

 

生徒が書みを終えると、先生は生徒の間違いをチェックします。上記のパラグラフのように、カラン法の基準によれば、すべてが最小限になるので、それは言うことも書くこともありません:。You are not Mrs Brown では無くYou aren’t Mrs Brown.

 

ディクテションのセクションでは、生徒のリスニングとセンテンスを書く練習をします。既に行ったレッスンと関係する単語やセンテンスをここで使い、単語を定着させ、書き方が分からないセンテンスをかけるように練習します。

これは初心者のための典型的なカランクラスです。この方法では、ほとんどの生徒は母語から英語に、あるいはその逆に考える時間などありません。カランは、外語をぶという原則を利用して、何度も聞き取り、流暢になるまで繰り返し、英語脳を形成し、自然な反射を促します。間違いを訂正する際には、その原則に基づいて、間違った箇所を調します。Callanの生徒がFree Talkではなく、特定の形式で話すことは思考したり、反射率を高めたり、より、ネイティブに近い思考回路で英語を話せるようになるための助けになりますしかし、カランにもデメリットも存在します。確かにこの方法で反応の速さ、発音などは鍛えられます。しかし、同じセンテンスの反復なので生徒達の反応が機械的になってしまい、馴染みのない質問や違う形で質問された時に素早く反応が出来ません。どんな方法でも完全に最適化することはできません。まだまだ修正が必要な点があります。しかし、確かにカラン法は果的な習方法であり、世界中で普及しており、多くの機校はこの学習方法を導入しています。この記事を通して、Callanの学習方法とQQを知る事ができ、皆さんの英語学習の参考にしてもらえれば幸いです

https://phil-english.com/school/cebu-qq-english-it-park/

海外英語留学・フィリピン留学サポートなら学校事情に詳しいフィルイングリッシュにご相談下さい。