読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィリピン留学何でも相談窓口

フィリピン留学・セブ留学、リアルな語学学校口コミ評判、卒業生の体験談、気になる留学費用、TOEIC IELTSテスト対策比較

【18年の英語教育ノウハウ】HELP Clark

みなさんこんにちは!フィルイングリッシュの名取です🍁

セブでの滞在も終わり、現在は首都マニラから北北西へ向かったところにあるクラークに滞在しています!

 

ちょっと小話を。

少しだけフィリピンの公用語であるタガログ語が分かるのですが、セブでは現地の方たちの話していることがよくわからなかったんです。使っていなかったから衰えたんだなーと思っていたのですが、マニラに来たら周りのフィリピン人が何を話しているのか分かるんです

フィリピンでは地域ごとにそれぞれの言葉があります。ちなみにセブではセブアノ語が主に使われています。日本でいう方言くらいの違いだろうしそんなに変わらないだろうと思っていたのですが全然違うものなんですね。

調べてみたらもう別々の言葉になるそうです。さらに一説にはフィリピンだけで200ほどの言語があるそう。分からない訳だ(´゚д゚`)ビックリ

 

さて!今回からはクラークにある英語学校を紹介していきたいと思います!

訪問させていただいたのは、

HELPグループ18年の歴史を受け継いだ

HELP Clarkです!

f:id:phil-english01:20151230114557j:plain

HELPクラーク校は‟リトル・カリフォルニア”と呼ばれるアメリカの郊外のような地域に校舎を構えているスパルタの英語学校です。警察署が近くにあるため周辺の治安も良いです。外出ができる週末には自転車をレンタルすることもできるのでサイクリングに出かけるのもいいですね🚵

f:id:phil-english01:20151230114117j:plain

 

今回は学生が英語を使うために学校が工夫していることについてズームインしていきたいと思います👀 

  f:id:phil-english01:20151230114102j:plain    f:id:phil-english01:20151230114045j:plain

学校内ではEOP(英語使用ルール)が適用されています。このルールは他の英語学校でも実施されているところがあるのですが、HELPクラーク校ではもし英語以外の言葉を使っているところを学校のスタッフに見つかったら......

 

なんと15ペソの罰金!!

現在は生徒の70%が日本、30%が韓国からの学生だそうです。日本語をつい話さないように気を付けましょう

気を抜いているとアッというまにお小遣いがなくなっちゃうかも?!

英語初心者の方にはちゃんと配慮をしてくれるので心配無用です👌

もちろん先生たちにもルールは適用されています。集まったお金は学校の施設費に使われるそうですよ。

カフェテリアだけはEOPが免除されているので、ご飯の時はゆっくりしましょう(・ω・)ノ

 

f:id:phil-english01:20151230114141j:plain

さらに面白いHELPオリジナルのものが、

レジデント・ティーチャー・プログラムです。

これは普段英語を教えてくれている先生たちと同じ部屋に住むというプログラム🏠

24時間英語漬けになりたいっ!!という方にはうってつけのプログラムですね!

授業だけでは学ぶことのできない日常の生活で必要な英語会話力が身に付けられます👍

またただ一緒に住むだけだはなく、部屋での2時間のスペシャル授業も付いてきます。学生の要望に沿った内容の授業をしてくれるので教室での授業で分からないことや、スキルアップしたい分野を教えてもらえば、英語力うなぎ上りも間違いなし!

f:id:phil-english01:20151230114130j:plain

学校内は賑やかで明るい印象です。フィリピンの先生たちも笑顔が絶えずとても優しかったです。気軽に話しかけてコミュニケーションが取れる雰囲気がありました😊

 

HELPクラーク校では「英語を楽しく効果的に学ぶ」をモットーにしています。

18年間積み上げられた英語教育のノウハウは信頼できるものでしょう。

英語の勉強を楽しみながらしたいという方はぜひぜひご一考ください(*'ω'*)

f:id:phil-english01:20151230114144j:plain

 

海外英語留学・フィリピン留学サポートなら学校事情に詳しいフィルイングリッシュにご相談下さい。